橿考研列品解説♪

橿考研の秋期特別展「海を越えたはるかな交流」-橿原の古墳と渡来人- の列品解説に行ってきました。
千塚古墳群126号墳出土のガラス器や耳飾は前から好きで、
出来たらゆっくり勉強もしてみたいと思っていたのですけど・・・。(^^ゞ
今回の展示は、新沢126号墳とその周辺というサブタイトルが付いていたし、
さらに、風の書でも書いていました「白虎の描かれた漆盤」のパネル展示もありましたので、大いに期待していました。(^^)

展示は二部屋分あり、かなり見応えのあるものでした♪
自分の住む町から出土した物でもあるので、なおさら興味も引きます。
特に、南山4号墳など年に数度は近くまで行くのですが、
改めてその価値を知ったりして感動ものでした♪ (^^)
千塚では126号墳からの出土品や109号墳の三環鈴、
また他では南山4号墳の動物型異形高杯なんかにも目が止まりました♪

とにかく、面白かったです♪

昼食をさわさんで済ませて、実際に千塚古墳群に行ってみることにしました♪
久しぶりに橿原神宮の中を通り抜け、橿原神宮西口駅の近くから千塚に向かいます。
b0048276_16565598.jpg

北側から史跡公園に入り、81号墳から126号墳に向かいました。
千塚古墳群は、史跡指定されている北側だけで約370基、
全体では600基を超え(再調査などによって100基増える?)ると言われています。
126号墳は、その古墳群の北側のほぼ中央部分に位置します。

探すほども無く、126号墳に到着♪
b0048276_1742217.jpg

b0048276_17121853.jpg126号墳は、5世紀後半に築造されたと言われています。
東西に22m、南北に16m、高さ1.5mの長方形の墳形をしています。
副葬品は、ガラス器をはじめとして重要文化財に指定されるほどの物がたくさん出土しています。
左は、現地案内板の出土品の表です。
まとまって本物を見れるのは、今回のような機会だけなので、特別展はσ(^^)にはありがたい企画です。
金の耳飾は有名ですが、今回は指輪も目を引きました。
歩揺などは、復元展示もされていましたし、
副葬品が木棺のどの場所に置かれていたかも分かりやすく表されていました。

史跡公園をほんの少し探検して、宣化天皇陵から益田池堤跡を通り、
橿原神宮前駅から帰宅しました♪

あぁー楽しかった♪
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-10-15 17:20 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
<< 更新案内♪ 飛鳥写真館更新 >>
商用やアダルト・出会い系の書き込みや一方的な無断トラックバックはお断りします。
上記に該当する書き込み・トラックバック・マナーに反する書き込みは、即時削除します。



Copyright © 風人 All Rights Reserved.