カテゴリ:飛鳥風(飛鳥歩記)( 75 )
by風人 |
橿考研列品解説♪

橿考研の秋期特別展「海を越えたはるかな交流」-橿原の古墳と渡来人- の列品解説に行ってきました。
千塚古墳群126号墳出土のガラス器や耳飾は前から好きで、
出来たらゆっくり勉強もしてみたいと思っていたのですけど・・・。(^^ゞ
今回の展示は、新沢126号墳とその周辺というサブタイトルが付いていたし、
さらに、風の書でも書いていました「白虎の描かれた漆盤」のパネル展示もありましたので、大いに期待していました。(^^)

展示は二部屋分あり、かなり見応えのあるものでした♪
自分の住む町から出土した物でもあるので、なおさら興味も引きます。
特に、南山4号墳など年に数度は近くまで行くのですが、
改めてその価値を知ったりして感動ものでした♪ (^^)
千塚では126号墳からの出土品や109号墳の三環鈴、
また他では南山4号墳の動物型異形高杯なんかにも目が止まりました♪

とにかく、面白かったです♪

昼食をさわさんで済ませて、実際に千塚古墳群に行ってみることにしました♪
久しぶりに橿原神宮の中を通り抜け、橿原神宮西口駅の近くから千塚に向かいます。
b0048276_16565598.jpg

北側から史跡公園に入り、81号墳から126号墳に向かいました。
千塚古墳群は、史跡指定されている北側だけで約370基、
全体では600基を超え(再調査などによって100基増える?)ると言われています。
126号墳は、その古墳群の北側のほぼ中央部分に位置します。

探すほども無く、126号墳に到着♪
b0048276_1742217.jpg

b0048276_17121853.jpg126号墳は、5世紀後半に築造されたと言われています。
東西に22m、南北に16m、高さ1.5mの長方形の墳形をしています。
副葬品は、ガラス器をはじめとして重要文化財に指定されるほどの物がたくさん出土しています。
左は、現地案内板の出土品の表です。
まとまって本物を見れるのは、今回のような機会だけなので、特別展はσ(^^)にはありがたい企画です。
金の耳飾は有名ですが、今回は指輪も目を引きました。
歩揺などは、復元展示もされていましたし、
副葬品が木棺のどの場所に置かれていたかも分かりやすく表されていました。

史跡公園をほんの少し探検して、宣化天皇陵から益田池堤跡を通り、
橿原神宮前駅から帰宅しました♪

あぁー楽しかった♪
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-10-15 17:20 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
飛鳥展望ウォーク

談山神社 → 藤本山 → 上居 → 柿山 → 阪田 → 石舞台 → 
 飛鳥庵 → 甘樫丘 → さわさん♪
という一日。

まずまずのお天気でしたが、霞んで遠望は利きませんでした。(>_<)
せっかくの展望コースだったので、残念でした。

ただ、柿山から阪田の秋祭りを見られたり、トンボや鳥がモデルになってくれたりと、
それなりに楽しい一日を過ごせました♪
おまけの甘樫丘の夕景は、真赤な夕陽が葛城山に落ちたのですけど、
これまた残念ながら、夕焼けにはなりませんでした。 
奇麗でしたけどね。(^^)

全行程10キロ程度でしょうか。 楽しく歩けました♪
同行の「河内太古さん」・「泉太郎さん」ありがとうございました。(^^)

b0048276_0164226.jpg

[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-10-14 19:35 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
藤原宮朝堂院東第四堂
いろいろ分かってきた藤原宮♪

藤原宮朝堂院東第四堂は、立派な礎石建物で、東西11.5m、南北63mの規模があります。藤原宮朝堂院には、東西に各六棟の建物があり、儀式や会議に使われていたとされています。
第四堂は、治部省、雅楽寮、諸陵寮が置かれていたのではないかと考えられています。

b0048276_23292532.gif今回の調査で、この建物が建設途中で東西で3m縮小された痕跡が検出されました。
先年行われた第三堂の発掘調査でも同じような状況が確認されているのですけど、
何らかの事情で設計が変更されたようです。

奈文研では、701年の大宝律令などで定まった役人の階位によって、建物の大きさにも差をつけたのではないかとしています。

第四堂は、第一堂より大きく、第二堂より小さな規模です。

大臣クラスが着座した第一堂は小さいのですけど、廂が付き中国風の椅子に着座するような構造であったことが分かっています。
第二堂は、大納言クラスが席を占めていた堂で、規模は一番大きくなっています。

また、第四堂の下層からは、5世紀末ごろ築造の直径約16mの円墳が発見されました。墳丘は、第四堂を建てるため完全に破壊されていたようですけど、碧玉製の管玉などの副葬品や埴輪などが発見されたようです。
書紀には、古墳の破壊による遺体の別場所への埋葬を指示する記事がありますが、その掘削され破壊された古墳が宮内で発見されたのは、今回が初めてだそうです。

明日は、現地で発掘成果の説明会があります。↓
参加してきますね♪ で、写真付きレポページを作る予定です。
ただし、内容はこの書き込み程度ですけどね。(^^ゞ
藤原宮現説は、ここ数年ほぼ欠かさず行っていましたので、明日も必修です♪ (笑)
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-09-29 23:28 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
竜在峠探検

猛烈な暑さの一日でした。特に昼からの蒸し暑かったこと!(x_x)
一度涼しくなったので、この暑さはこたえます!
そんな中を山歩きしてきました。(^^ゞ
で、バテました。(x_x)

15キロばかり歩いたでしょうか。。
若干熱中症気味でした。水分の補給が足りなかったのかも。((((o__)o 反省。
水分補給は、お茶にしましょうね!>自分。 

多武峰→冬野→竜在峠→入谷→栢森→稲渕→飛鳥庵→さわさん♪
って、コースでした。
コース的には、面白かったです♪ やっぱ山道好きです。登りは嫌いだけど。(^^ゞ

多武峰でバスを降り、談山神社を見ながら西門跡に向かいました。
そこからは、山道を冬野の集落に向かいます。結構勾配があります。
早くも汗まみれ。
集落を抜けて畑への道には入らず、そのまま南下します。
植林の道が続き、時折眺望が開けました。
鹿路への分岐などを通って、茶店跡で昼食。
休憩もそこそこに竜在峠に向かいました。

細峠にも行きたかったのですが、斜面が崩れていたのと下草が伸びていたので、
今回は断念。 滝畑への道も下草が道を隠していたので、入谷に向かうことにしました。

竜在峠は、壬申の乱の序曲となる天武吉野落ちのルートの候補にもなる峠です♪
今回は、吉野には下らなかったのですけど、
その代りに入谷の集落を訪ねることが出来ました。
ここも、ある説によれば壬申の乱関連です。海人族が住み着いていたとか。。
天武を支援し、吉野入りを助けたとも言います。

また、蘇我蝦夷が造ったと言う大丹穂山(おおにほやま)の鉾削寺(ほこぬきてら)に所縁があるかもしれない大仁保神社などにも寄ることができました。

それから、女淵に寄道をして、栢森に出ました。ここからは通いなれた道です。
が、この辺りで水分の補給が足りていなかったのでしょうね。
稲渕に着いた時には、かなり疲れた状態になっていました。(>_<)

男綱の近くまで来ると、ネット仲間の太古さんから電話が入りました。
案山子ロードに太郎さんと居るとのこと、合流することにしました♪
ミズアオイが咲いていたのは、ラッキーでした。(∩.∩)
で、橋の下で缶Bが売られていて・・・。 これが間違いだったかも。(笑)

で、飛鳥庵までヘロヘロと。途中、祝戸では彼岸花、石舞台公園で萩などを撮って、
飛鳥庵に向かいました。
強烈な暑さになっています。全身汗まみれ! ジーンズが濡れています。(T.T)
飛鳥庵到着は、3時45分頃だったかな?
10時前から、良く歩きました。 

しばし歓談のちに、kameuchiさん登場。 5時ごろまで足を休めて、
kameuchiさんに車で橿原神宮東口まで送っていただきました。
ありがたかったです。(∩.∩)

で、さわさんで生2で、さっさと帰りましたとさ♪
写真とパノラマは明日更新予定です。
レポは、後日更新します。(∩.∩)  お待ち下さい。
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-09-09 19:52 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
二上山落日

昨日は赤目オフの疲れもなく、家事を済ませた昼前から所用で大阪に出ていました。
さわらびにも寄ったのですけど、2時過ぎ頃から激しい雷雨。
用件を済ませて、雨の小止みを帰途に着きました。
大阪からの電車に乗ると、一駅ごとに天候が変わります。
八尾市の辺りでは、激しい雷雨でしたが、穴虫峠にかかるとほとんど降っていませんでした。
わが家の辺りは、小雨になっていましたが、一時激しい雷雨だったようです。
停電もしたとか。(>_<) 

で、一息入れて家事に掛かる頃、窓から青空が見えました。
西を見ると適度な雲もある様子。
これは! ってことで、カメラ片手に飛んで出ました♪
南の民家が切れる辺りまで自転車をぶっ飛ばすと、まさに二上山に落日する寸前です。
鞍部に落ちるところまで南下したかったのですけど、間に合いません。
それでも香具山近くまで行って、撮影出来ました♪
藤原京ぐらいから見ると、ちょうどど真ん中に沈んだと思います。

気付くのが遅れて、ちょっぴり残念。
余韻を楽しむことも出来ず、家事に戻りました。
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-08-28 22:46 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
八釣夕景
石舞台公園でのイベントを見に行くつもりで、
飛鳥庵3時過ぎに到着の予定を立てていた。

お盆の行事も全て済ませて出かける準備をしている時、携帯が鳴った。
ネット仲間のmunyさんからだった♪ 近くに居るらしい♪
で、PENTAさん・munyさんと合流。(∩.∩) 
車に乗っけてもらって本薬師寺のホテイアオイを見に行く♪
やはり、ここのホテイアオイは、お盆に最高になる。
ここでまたまたネット仲間の太古さんと出会う♪
でで、合流♪

その後、飛鳥庵へ♪ 
歓談の中に、ネット仲間の泉太郎さん、りょうさんも参加。(∩.∩)
ででで、泉太郎さんと合流して、八釣へ夕陽を撮りに行くことになった♪
コスモス畑の南側に池があって、そこが飛鳥の夕景ポイントの一つになっている。
先客のカメラマンが居た。
それぞれに夕陽を待ち、それぞれに撮影♪
結果は、更新ページをご覧下さい。
真赤にはならなかったけど、それなりに素敵な夕景だった♪
穏やかな飛鳥の夕景。σ(^^)は好きです♪

そこから、いつもの花林へ♪
噂の蓮飯を食べに行くことになった。
そこで、またまたネット仲間の笑いネコさん&ネコ旦那さんと出会う♪
でででで、合流♪
楽しく夜は更けていったのでした。(∩.∩)

出会いました皆さん、ありがとうございました♪
b0048276_723852.jpg


b0048276_7201155.jpg

[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-08-16 07:23 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
生ビール沁みわたり夏飛鳥
幾つかの用件を果たしに午前中から飛鳥に向かいました。
もちろんお盆のお勤めは済ませてからです♪

まず向かうは、飛鳥資料館♪
夏季特別展示を見てきました。(^^) 「東アジアの十二支像」
はっきり言って、春のキトラ展のオマケかと思っていたのですけど、
パネル中心ですけど、σ(^^)は意外と面白かったです♪
無料配布のパンフが非常に良く出来ていて、ありがたかったです♪

で、ここから歩き始めました。
竹田遺跡を通って、裏道を抜け飛鳥寺へ。
百日紅くらいしかなかったので、通り抜けただけです。(^^ゞ
でで、飛鳥庵へ。もちろん閉まってまして、母屋へ。
立ち話だけでしたけど、おばちゃん元気でした。暑そうでしたけどね。(^^ゞ
15日の開店を約束して、σ(^^)は石舞台へ♪

あっ、その前に、飛鳥観光公社に寄りました♪
先日書いていた酒船石遺跡の復元案の書かれた調査報告書を立ち読みするためです。
観光公社にこのような本があるのは知りませんでした。
店頭には置いてないのですけど、書名を言えば出してもらえます。
図録とのペアになっていて、とってもそそられたのですけど、
もうすぐ続明日香村史も着ますからね。。。ぅう~む。
公式見解ってあまり面白くなかったりしますので、今回はパス。(^^ゞ

島庄遺跡の31次調査(石舞台古墳建築現場?)のすぐ北側に、
古代の方位を残す区画があると、先日の橿考研土曜講座で聞き、
自分の目で確かめたくて、行って見ることにしました。
おおよその方位は、石舞台や31次の方位とほぼ同じです。

しかし、現地に行っても真上から見ないと、良く分かりません。
柿山の登ってみたのですけど、植え込みが邪魔で地形は見えませんでした。
ただ何となく、その下にある田んぼの角度とは違うのが分かりました。

そんなことで、やや不満を残しながら柿山を下り、石舞台公園に向かいました。
今度は、ナンバンギセル探しです。(^^ゞ
『道の辺の尾花がもとの思い草今さらになどものか思はむ』 と万葉集に詠われる「思ひ草」。
ススキの根方を丹念に覗き込むと、密生して生えていることがあります。
まだ少し早いのですけど、毎年この時期には石舞台公園の何処かに咲いています。
僅かの時間で見つけることが出来ましたが、
知らない人が見たら何を探しているのだろうと思うでしょうね
b0048276_1754536.jpg
。(^^ゞ

さて次は橘寺です。
某氏が不在で、用件は果たせませんでした。(x_x)
けど、芙蓉が咲いていたので、写真ゲット♪
b0048276_1783650.jpg


お次は、亀石近くの発掘現場です。
天武持統天皇陵のところから、
脇本酒造の裏を通って野口に出る新しい道路の予定地の調査のようです。
現場をチラッと見てからかなり時間が経ているので気がかりでした。
案の定、現場は埋め戻されていました。
発掘の成果はどうだったのでしょう? 
報道がなかったって事は、特別な成果がなかったって事なんでしょうか・・・。

高松塚公園に寄って、ナツズイセンと同じくナンバンギセルを撮影。
暑さもいよいよ厳しくなってきたので、飛鳥駅に向かいました。
お終い。
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-08-13 17:14 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
大案山子 稲渕山建設中♪
b0048276_1624193.jpg

稲渕の案山子ロードに、シンボルの大案山子が出来ているのではないかと、
買い物ついでに偵察に行ってきました。

この暑さで、おばちゃん大丈夫かなって気になって、飛鳥庵に寄りました。
おばちゃん、お昼寝の最中だったのかな?
クーラー利いたお部屋でゴロゴロしてはるみたいです。(^^ゞ
まっ、それなりに元気でしたよ。

今日は、あくまでも買い物ついでなので、そのまま棚田に向かいました。
途中、太古さんと棚田展望所のところでバッタリ♪ 
先に行っていた太古さんに情報をもらってから、
後の再会を約して、σ(^^)は案山子ロードに。

まだ大案山子は、完成していませんでした。
化粧回しをつけている最中です。(^^ゞ 
早くまわしを着けてやらないと恥ずかしいやんね! (笑)
建設中だから、人も周りに居て大きさが良く分かります。
今年のテーマは[ゆめ](夢)だとか。
もう一月も経つと、棚田オーナーさんの案山子が立ち並びます♪ 楽しみ♪

で、太古さんと再会♪
生B1とプラスもう一杯を、仲良く分け分けして楽しんだのでありました。(∩.∩)
σ(^^)は買い物に、太古さんは葛城に。それぞれ元気です♪
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-07-30 16:13 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
再訪・桧隈から高取へ
b0048276_820567.jpg

奈良博で展示中の子嶋寺曼荼羅を見学した某姫?とでえとしてきました。

飛鳥駅に昼過ぎに下車。昼食後、桧隈から観覚寺へと、炎天の下を歩くことにしました。
肌を刺すような日差しに、ピリピリ痛みを感じるような天気です。
ただ、どこかで雨が降っているような、湿気を運ぶ風が時折吹いていました。
雲行きも、西と北で怪しげな感じがしています。

子嶋寺をゆっくり拝観して高取の町に出る頃には、いよいよ雨が近づいているのが分かりました。
夢創館でゆっくり休憩して、ボランティアの方とものんびりお話をして、
くすり資料館も見学させていただきました。
b0048276_8294030.jpg


資料館から出ると、いよいよ雨が降ってきました。
小雨です。気温も一気に下って、快適になりました♪
このくらいの雨のほうが歩きやすいように思います。

某店の開店には時間があるので、橿考研へ♪

高取の町や周辺もかなり面白そうなので、
秋にはガイドさんをお願いして、ゆっくり歩きたいと思っています。
5人以上で申し込むことになっていますので、その時はよろしく♪
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-07-30 08:35 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
これが現実!
b0048276_2251149.jpg

今日の観覚寺遺跡です。
もちろん観覚寺遺跡は、重要な広範囲に及ぶ多層遺跡なんだと思います。
けど、これが現実です。

住宅建設に伴う緊急調査では、坂上田村麻呂?の遺跡は僅かな期間も残りません。
あっという間に埋め立てられ、知っている者だけが分かる状態になります。
この遺跡も、数ヵ月後に埋め返した土が目立たなくなり、家が建つと、
見に行ったσ(^^)でも分からなくなり、
痕跡すらなくなるのは時間の問題だと思います。

それは、仕方の無いことなのだとは思います。
σ(^^)がどうこう言うことも出来ないのですけど、
大騒ぎする高松塚やキトラとこの遺跡の何が違うのかってことが分からなくなります。
全てを保存しろなんて言ってるのではなく、せめて発掘の成果を分かるように、
また短期間でも良いから遺跡の公開などの方策は無いものかと思います。

遺跡の発掘調査の情報が流れた後の最初の土曜日、
もう埋め立てられているのなら、誰が見ることが出来るのでしょう?
これで埋蔵文化財を理解し大切にしろって、それは無理だと思います。
大壁建物ってどんなの? 遺構を見れば一目瞭然。
見ないと分からないですよ。
そこらをちゃんと考えないと、この国は歴史を持たない国になってしまうのではと思うのです。
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-07-22 23:06 | 飛鳥風(飛鳥歩記)
商用やアダルト・出会い系の書き込みや一方的な無断トラックバックはお断りします。
上記に該当する書き込み・トラックバック・マナーに反する書き込みは、即時削除します。



Copyright © 風人 All Rights Reserved.