タグ:入鹿首塚 ( 4 ) タグの人気記事
by風人 |
報告♪
飛鳥庵での母の日イベントは無事に終了しました♪
おばちゃんも喜んでくれて、良い一日になりました。(^^)
で、ここで報告するのも変なのですけど、こっちだけ見てはる人もいるので、(^^ゞ
写真ペッタンコしておきますね。
b0048276_193409.jpg


で、今日は首塚ツアーに参加した皆さんが集合していたので、
飛鳥の五輪塔をじっくり観察する会になりました。(笑)
じっくり見ると、今まで気付かなかったものも見えてきます。
複数で見るって事も発見に繋がりますね♪ 

五輪の空輪と風輪の石が一体になっていたとか、
空・風輪は、火・水・地輪と石の質が違うこと、
火輪の上部には、穴が穿たれていること、(水輪もあるいは空いているかも。)
などなどが分かりました。
b0048276_1954913.jpg
火輪の穴には雨水がたまり、キラキラと風に揺れていました。
この穴に、どんな意味があるのでしょう? 何かを埋納した?

今日は、大人しく5時ごろ解散でした♪
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-05-20 18:58 | 風任せ(日記・雑記)
入鹿の首塚考はまだまだ続く♪
とんでもない可能性が・・・・。

舟戸という地名を岐神(道祖神)に関連付けて考えていたのですけど、
ひょっとしてと思って、人名を考えてみました。

そしたら何と! 飛鳥時代にも居るのですよ♪ 
それも都合良くというか何と言うか東漢氏族に♪
孝徳天皇の白雉4年の記事に、国博士の旻法師が亡くなった後、
「天皇は法師のために、画工の狛竪部子麻呂・〇魚戸直(ふなとのあたい)らに命じて多くの仏像や菩薩像をお造らせになり、川原寺に安置した。」とあります。
〇は鮒の旧字です。

東漢氏は蘇我氏と密接な関係にあり、蘇我氏の手足のような存在であったようにも見えます。
入鹿の側近で、その警護に当たっていた東漢氏に属する鮒魚戸の若者が、切り落とされた主人の首を抱え、高見山東麓に逃げ来て、こっそりと埋葬したという妄想は如何? (笑)
彼は、首塚を守りながら住み着いて、やがて村の名前になった。(^^v
小説書けそうな・・・。(^^)

ぅん? そんなことは良いから、次の更新を急げって! ふぅー。。。。(^^ゞ
竹之内街道で遭難してます。飛鳥遺跡地図で頭が煮えてます。。宮滝?。。。((((o__)o
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-05-17 22:26 | 風任せ(日記・雑記)
ぶらぶら歩記更新♪
更新ですぅ♪

ぶらぶら歩記 もう一つの入鹿の首塚考 でっす♪

お時間あります時にでも。m(_ _)m
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-05-07 09:24 | 更新(案内と履歴)
もう一つの入鹿の首塚♪
高見山の東麓に入鹿の首塚があることは、風の書でも前に書きましたけど、
今日、初めてその首塚と言われる五輪塔を訪ねてきました。(∩.∩)
その報告は後日ってことで・・・。ほんまか? (^^ゞ

で、今日はkameuchiさんのご案内で、東吉野村探検となりました♪
首塚の他にも「投石の滝」や宇陀市の岩端区の鯉のぼりの川渡しなんかも見てきました♪

kameuchiさん、お世話になりました。m(_ _)m
ご一緒した河内太古さん、泉太郎さん、りょうさん、ありがとうございました♪

河内太古さんのブログにトラックバックしました。「 もう一つの入鹿首塚
[PR]
by風人 | by asuka-210 | 2006-05-04 22:07 | 風任せ(日記・雑記)
商用やアダルト・出会い系の書き込みや一方的な無断トラックバックはお断りします。
上記に該当する書き込み・トラックバック・マナーに反する書き込みは、即時削除します。



Copyright © 風人 All Rights Reserved.